災害時、在宅避難の場合に
注意しておきたいことは?

都市部などの人口の多い地域では、被災者の大半は在宅避難生活を強いられることが予想されます。また、電気・水道・ガスなどのインフラが止まる中、事前の準備も含めて気をつけたいポイントをご紹介します。

監修:

山村 武彦

〉〉〉プロフィール

自宅で避難生活するときの
問題点を知ろう

 都市部などの人口密集地で災害が起きた場合は、大半の人が在宅避難生活になります。避難所に比べプライバシーを保つことができ、感染症などからも身を守ることができますが、電気や水、ガスなどのインフラが止まった状態で日常生活を送らなくてはいけません。電気やガスが使えない状態で明かりや冷暖房をどうやって確保するか、水が止まっていたらトイレやお風呂、調理はどうすればよいのか、などの問題に直面しがち。だからこそ、事前に在宅避難を想定した上での訓練と防災備蓄が重要となるのです。「防災アイテム」「トイレ対策」「日頃の防災収納」などを参考に、 在宅避難で想定される問題と備蓄品をきちんとチェックしておきましょう。

排水は設備の確認が
終わってから

 地震の際は目に見えない場所の下水管が破損している可能性があります。浴槽やトイレの水などは、排水設備の確認が終わるまで流してはいけません。集合住宅の場合は階下に水漏れや汚水あふれを発生させてしまうことも。管理会社のチェックが終わるまでは下水道は使用しないこと。

水は近所の
給水拠点からも確保を

 災害で断水となった場合、「災害給水ステーション(給水拠点)」が設置されます。どこに設置されるかは事前に各自治体の水道局などで公表されていることもあります。水を運ぶポリタンクも必要ですが、容量が多いものは水を入れると重くなり女性や高齢者は持ち運べなくなってしまうので、持てる重さを考えて準備を。

PTSDに注意しよう

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」とは、災害時の恐怖や悲しみ、避難生活のストレスなどで体や心に変調をきたすことをいいます。例えば食欲減退や過食、息苦しくなる、不眠、倦怠感や目まい、災害時のフラッシュバックが起こる、など。変調を感じたらなるべく他人に怖かったことや不安を話すようにしましょう。

「家族の防災の日」を決めて予行演習をしよう

 在宅避難ではどんなことが困難になり、何が必要になるのかを知っておくためにも、年に1度は家族で「防災の日」を決め、電気・水・ガスを使わずに、家庭内の備蓄だけで生活してみましょう。備蓄食料の食べ方や非常用トイレの使い方も確認でき、1日、もしできれば2日ほど生活すれば、より具体的に災害時の生活をシミュレーションできます。

※この記事内容は、執筆時点2019年8月1日のものです。