災害時に断水…どうする?
「トイレ対策」をしておこう

日ごろ何不自由なく使用しているトイレですが、災害時においては断水等の影響で大きな問題になります。そんな時、慌てずに済むよう使用の際の注意点と、非常用トイレについて知っておきましょう。

監修:

澁川 真希

〉〉〉プロフィール

断水時のトイレの使い方と注意事項

 地震がおきて在宅避難をする際、断水や下水管の破損などでトイレが使用できないことも。下水管に問題がなく排水できる場合は、バケツに水を汲んで便器に流し込むことで流すことが可能。和式便器の場合はレバーを押しながら水を勢いよく流し入れて。下水管に破損がある場合は汚物が流れなくなるので絶対に水は流さないこと!下の図を参照し、便座を活用した非常用トイレを使用しましょう。

非常用トイレを備え、使い方を確認しておこう

 災害の際、仮設トイレが設置されるのは早くとも24時間後と言われています。必ず、各家庭でトイレの対策を。市販の非常用トイレには凝固剤をふりかけるタイプ、シートタイプ、段ボールで便器を作るタイプなどさまざまなものがあるので、各家庭で一度使い方や、使い勝手を試しておきましょう。消臭剤は重曹などを活用することも可能。また、仮設トイレを使用する時はトイレットペーパーも必要です。

自宅での非常用トイレの使い方

 ポリ袋と新聞紙などを利用した、自宅の便器を使用した非常用トイレの使い方です。ポイントはポリ袋を2枚使うこと。換気扇が動かない場合に備え、消臭剤も用意しておきましょう。

①便座を上げ、大きなゴミ袋をかぶせたら、ふたたび便座を下げて固定します。底の水はそのままで。


②便座の中にポリ袋やレジ袋などを広げて入れます。袋の大きさに余裕があれば便座の上からかぶせて。


③凝固剤、またはちぎった新聞紙、紙おむつなどを入れます。ペットシートを活用してもOK。


④用を足したら、上の袋を縛って別の袋にまとめ、消臭剤と一緒に保存。自治体の指示に従い処分を。

参考:『もしものときに役立つわが家の防災ハンドブック』(家の光協会発行:山村武彦 監修)

トイレは「健康維持」のために必要不可欠

 災害時に水洗トイレが使えなくなると、トイレ環境が不衛生になってしまいます。排泄を我慢するために水分や食事を控えることで、栄養状態の悪化や脱水症状、エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)などを引き起こしてしまうことも。また、仮設トイレは和式便器が多く、和式に慣れない子どもや足腰の弱い高齢者、車いす使用の身体障がい者にとってはトイレの使用が困難に。トイレ対策を考えておくことは、健康と命を守ることに繋がるのです。

※この記事内容は、執筆時点2019年8月1日のものです。