もしも災害が起きたら
避難する場所は?

洪水や崖崩れ、地震、津波など、予期せぬ自然災害のリスクは常に隣り合わせ。ご自宅や会社の近くなど、避難できる場所がどこにあるかご存知ですか? 万が一に備えて事前に確認しておきましょう。

監修:

山村 武彦

〉〉〉プロフィール

災害が起きたときにどこへ行けばいいか知っておこう

 災害が起こった際の「避難する場所」と避難経路を家族で確認しておきましょう。2014年以降「指定緊急避難場所」と「指定避難所」の2つが設定されています。「指定緊急避難場所」の場合、災害によって指定されている場所が違うので注意が必要です。それぞれの場所を調べてメモなどに書き留め、家族で共有しておくといいでしょう。会社や学校、通勤・通学路など、よく訪れる場所の近隣の「指定緊急避難場所」も調べておくと安心です。また、もし家族がバラバラに被災した際も「指定避難所」で集まることができます。

指定緊急避難場所・指定避難所の違い

指定緊急避難場所・指定避難所の調べ方

上記をクリックすると各サイトが開きます。

知っていますか? 防災に関する地図記号

 2019年3月、過去の自然災害の記録を刻んだ各地の石碑や、供養塔などを表す「自然災害伝承碑」の地図記号が国土地理院により新たに制定されたことが発表されました。2018年7月の西日本豪雨災害で多くの犠牲者を出した広島県坂町では100年以上前に起きた水害を伝える石碑がありましたが、そのメッセージは十分には伝わっていませんでした。今後はこれらの伝承碑を地図に掲載することで、地元の防災地図を作る学校の授業や街歩きなどに利用してもらい、教訓の周知と将来の被害軽減につなげるのが目的とのことです。また、2014年からは避難所・緊急避難場所(一時避難場所)にも地図記号ができています。こちらも併せて覚えておくといいでしょう。

※記事内容は、執筆時点2019年8月1日のものです。