機能性表示食品って何?
トクホなどとはどう違う?

スーパーやコンビニなどでよく見かける“身体に良い食品(保健機能食品)”は、「トクホ」をはじめ、大きく分けて3種類あります。それぞれの違いを理解して、賢く活用しましょう。

監修:

垣田 達哉

〉〉〉プロフィール

国が定める〝身体に良い食品〟は
大きく分けて3種類

 最近、スーパーやコンビニで健康に関する表示が付いた食品を見かけることが増えています。メディアで取り上げられる機会も多く、健康食品への関心が高まっています。
 一方で、「トクホや機能性表示食品など、色々あってよく分からない」といった声も。そもそも〝身体に良い食品〟にはどのようなものがあるのでしょうか。
 もともと、健康の維持や増進に役立つ表示が認められていたのは、国が個別に許可した「特定保健用食品(トクホ)」と、栄養成分の基準を満たした「栄養機能食品」だけでした。しかし、それだけでは消費者が選べる商品が限られるということで、2015年4月に導入されたのが「機能性表示食品」です。

トクホとの大きな違いは消費者庁の「審査の有無」

 いずれも科学的な根拠のもと、健康に配慮された商品だとされていますが、具体的にどう違うのでしょう。
 最も分かりやすい違いが、国の審査があるかどうか。トクホの商品に表示されている「体脂肪が気になる方に」といった健康への効果は、消費者庁の審査を経ていますが、機能性表示食品は消費者庁への届け出は必要ですが審査はありません。生産者の責任で効果を表示しているのがトクホとの違いです。
 さらに栄養機能食品に国が定めた栄養成分を表示する場合、届け出は不要です。つまり、普段テレビCMやパッケージなどで〝身体に良い食品〟とうたっているもので、国が審査しているのはトクホだけなのです。

●3つの保健機能食品の違い

表示があるから大丈夫?トクホだから安心?

 機能性表示食品は、国の審査が不要なので、販売までの時間と費用を大幅に削減可能です。そのため、トクホよりも安く製造でき、今後商品の数が増えると予想されます。すると、安いという理由だけで機能性表示食品を選んだり、一方で「国のお墨付きだから安心」とトクホ商品を盲信したり、さまざまな思い込みが生まれ、危うい商品の選び方が広がる可能性があります。大切なのは「保健機能食品」をしっかりと理解し、パッケージの表示内容を確認して、正しい選択をすることです。

パッケージに表示されている「届出表示」に注目!

 上の表は、機能性表示食品のパッケージ表示例です。前述した3種類のうち、商品がどれに該当するのかを判別する基準となるのが、「許可マーク」の有無。トクホには許可マークがあるのに対して、機能性表示食品には規定のマークがなく、パッケージの主要な面に「機能性表示食品」(上記①)と記載されているのみです。また、栄養機能食品も許可マークはなく、代わりに栄養成分の名称が記載されています。
 許可マーク以外で、パッケージに表示されていることが多いのが「届出番号」(上記②)です。消費者庁のウェブサイトに番号を入力すると、安全性や機能性の情報を確認できます。
 また、「届出表示」(上記③)には、科学的根拠をもとにした機能性について、消費者庁に届け出された内容が記載されています。機能性表示食品の特徴として、「おなかの調子を整えます」「肌のうるおいを保ちます」といったように、具体的な身体の部位が挙げられており、その上で健康の維持や増進が期待できることを表しています。
 裏面には、1日に摂取する量の目安や摂取方法、注意事項などが記載されているので、よく確認して、正しく利用しましょう。

医薬品のように疾病の治療や予防を目的としたものではない

 今後、機能性表示食品がますます身近なものになってくるでしょう。私たち消費者は食品表示の正しい知識を身に付け、自分自身の判断で食品を選んでいかなければなりません。
 忘れてはならないのが、〝身体に良い食品〟は医薬品のように病気の治療や予防を目的にしていないということ。また、たくさん摂取すればより多くの効果が期待できるわけでもありません。過剰な摂取は健康に害を与える場合もあります。大切なのは、主食・主菜・副菜を基本にして、バランスの取れた食生活を送ることです。この機会に、自分自身の食生活を振り返りましょう。

※記事内容は、執筆時点2019年8月1日のものです。